バラに覆われた看板になった自転車 [lmb120]

バラに覆われた看板になった自転車 [lmb120]

blog

今では、雨ざらしになって、車体は錆び、タイヤもパンクしたままの自転車。この自転車は、以前マニーさんから仕入れさせていただいたものです。当時、何台か販売したのですが、嬉しいことにまだ、大切に使用して頂いているお客様がいらっしゃると聞きました。パリのワイン屋さんの前でよく見られるこの自転車には、ワインをたくさん配達するために後輪に比べて、だいぶ小さい前輪の上に、大きなバスケットが載せられていました。新しいショップに移転した時は、バスケットは別な目的に使用し、タイヤもパンクしていましたが、そのまま修理せずに(乗るのはとても難しかったので。)春、ギャラリーのそばに満開になるミモザとロゴを手描きして看板として置くことにしました。この自転車のあるスペースは、10年間の間に大きく育ったバラに覆われて、今では看板としては、意味をなさない状態になりましたが、それでもパリっぽい雰囲気だけは、キープしてくれています。建物と花とアンティークをバランス良く配置して、できるだけヨーロッパのイメージになるように少しずつ手を入れてきました。これから夏に向かって毎日の水やりや草刈りなど厳しい日が続きますが、それでも、四季折々、フランスのスミレが咲き、オールドローズが咲き、アジサイが咲き、クリスマスローズが咲き、可愛い花に囲まれた暮らしは、私達の心を癒し、時には、美しいデザインのヒントをくれるかけがえのない存在になっています。

他の画像