ヴィンテージの帽子用素材で作るボックス [lmb115]

ヴィンテージの帽子用素材で作るボックス [lmb115]

blog

海外のメルスリーのそばにある帽子の飾り専門ショップには、思わずため息がでてしまうほど素敵なお花の飾りが販売されています。 以前、 パリで訪れたメルスリーの地下の倉庫には、箱いっぱいの花が収納されているのを見たことがありました。 輸入して、撮影の時に気が付いたのですが、それらは、大体ドイツ製ヴィンテージのお花でした。ヴィンテージのブレードやリボンは、その多くがフランスやイタリア製です。時々、ドイツ製のものが入荷しますが、ほかのものに比べて、とても少ない気がします。 いかにもヴィンテージらしい、素朴なデザインがたくさんあるのに、なかなか市場に出てこないのが残念です。今、日本では、コサージュをつけるというファッションは、あまり見かけません。 ラメゾンブランシュ・ニードルワークスクールでは、これらのお花をカルトナージュに使用してハートのボックスを作るレッスンをしました。ブライダル用のレースと合わせて、とても素敵なものになりました。私が仕入れするお花は、ほとんどがベルベットのお花なので、(単に好みで選んでいるだけですが、)ベルベットの生地やリボンと合わせるととても良い感じになります。もちろん、帽子につけても素敵なアクセントになるでしょう。アクセサリー用のガラスのドームに飾るのもおしゃれですよね。 もうすぐ、いろいろな楽しみ方が出来るお花たちが届く頃です。

他の画像