Lady of Shalott [lmb112]

Lady of Shalott [lmb112]

コメント

日本でゴールデンウィークと言われる長期休暇が終わった頃、ラメゾンブランシュのバラは、満開のシーズンを迎えます。ショップの正面右側に毎年咲くレディオブシャーロット、Lady of Shalottももうすぐ満開になります。 
育種者はデビッド・オースチン 。濃いオレンジのイングリッシュローズです。バラの名前の由来は、よく知らずに配色だけで、選んだこのバラに知りたくなかったストーリーがあったのを知りました。このバラの名前は、イギリスの詩人アルフレッド・テニスンの詩に由来するようです。アーサー王の所有するキャメロット城の近くに住んでいたシャーロットの悲しいストーリー。その悲しいストーリーとは対照にバラ自体は、とても可愛らしいお花です。

At the end of the long holiday called Golden Week in Japan, the roses of our shop『La Maison Blanch』 will be in full bloom. The Lady of Shalott, which blooms every year on the right side of the front of our shop, They will be in full bloom soon.
The rose breeder is David Austin. It is a dark orange English rose. I didn't know the origin of the rose name, just the color scheme, and I learned that there was a story I didn't want to know about this rose I chose. The name of this rose seems to come from the poem of the English poet Alfred Tennyson. The sad story of Shalott, who lived near King Arthur's Camelot Castle.In contrast to that sad story, the rose itself is a very pretty flower.

他の画像